福岡市防災マップでは、市民の防災意識の向上を図り、災害時に市民がより的確に
行動できることを目指して、洪水・土砂災害・地震による危険度情報を掲載しています。

総合ハザードマップの目的

 災害時において被害を軽減するためには、自分の住むまちの「災害の危険性」を知ることが重要です。この「総合ハザードマップ」は、市民のみなさんに日頃から風水害や地震などの災害に関する情報を知っていただき、事前の備えに役立てていただくために作成しました。
 総合ハザードマップでは、下記のようなことができます。

総合ザードマップの見方

総合ハザードマップにおいて複数の情報を重ねる場合、地域によって見づらくなってしまう場合があります。その場合は、大変恐れ入りますが、PDF版のハザードマップをご覧いただくか、市民局防災・危機管理課までご連絡ください。


ハザードマップにより、自宅周辺などの災害の想定を知ることができます。

 住所や、目標物から、見たい場所の地図を表示することができます。
 知りたい災害種別にチェックを入れると、画面に災害の想定が表示されます。
  自宅、学校、会社の周辺にはどのような災害想定があるのかを確認し、災害に対して日頃から備えましょう。



  • 大雨に備える

     大雨が続くと、河川の水位が高くなり、洪水が発生する場合があります。地盤が緩くなり、土砂災害も発生します。
    また、短時間の集中豪雨であっても、局地的に浸水が発生することもあります。


     地域の状況に合わせて必要な災害種別にチェックを入れてください。


    ・河川洪水浸水深
    ・土砂災害
    ・避難所・避難場所

  • 台風に備える

     台風が接近すると、風雨が強くなり、大雨同様の洪水・土砂災害が発生しやすくなります。
    さらに台風により気圧が低下するため、潮の満ち引きと相まって「高潮」が発生する場合があります。


     地域の状況に合わせて必要な災害種別にチェックを入れてください。


    ・高潮浸水深
    ・避難所・避難場所
    ※河川、土砂災害に関する
     情報も確認しましょう。

  • 地震に備える

     地震は、強い揺れを伴い、建造物の倒壊やインフラの遮断、土砂災害も発生します。
    さらに津波が発生し、陸地に迫ります。遠方の地震であっても、大規模な津波が発生する場合もあります。


     地域の状況に合わせて必要な災害種別にチェックを入れてください。


    ・揺れやすさ(震度)
    ・津波浸水深
    ・避難所・避難場所
    ※土砂災害に関する情報も
     確認しましょう。

最寄りの避難所を確認したり,避難経路を調べることができます。

 自宅の周辺や地域のどこに避難所があるのか、また避難経路を確認しましょう。





  • 最寄りの避難所を探す

     表示切替内の避難所・避難場所の虫眼鏡マークをクリックすると、最寄りの避難所を確認することができます。
     距離が近い順に番号表示されますので、最寄りの避難施設を確認しましょう。

  • 避難所の情報を知る

     地図上で、避難施設のアイコンをクリックすると、どの災害に対応した避難施設であるかを確認できます。

  • 避難経路の確認をする

     表示切替内の避難所・避難場所の虫眼鏡マークをクリックすると、最寄りの避難所を確認することができます。
     距離が近い順に番号表示されますので、最寄りの避難施設を確認しましょう。

  • 避難経路の注意点

     ルート検索機能を使うと、避難所、避難経路までの避難経路を確認することができます。 「避難経路の注意点」
    避難経路上に災害が想定されている場合、迂回や避難先を変更することも考えましょう。

    <大雨・台風の場合>
    ・増水が予想される河川を通っていませんか?
    ・浸水区域を通っていませんか?
    ・付近に土砂災害の危険がありませんか?
    (洪水)避難の心得
    (土砂災害)避難の心得


    <地震・津波の場合>
    ・避難経路にブロック塀や倒れやすいものは
    ありませんか?
    ・道路が狭い場所、家が密集した場所を通って
    いませんか?
    (地震)避難の心得
    (津波)避難の心得

あなたのハザードマップを作りましょう

 自由に情報を重ね合わせ、ご自身のためのハザードマップを作成しましょう。

  • 地図上に絵を描く

     福岡市Webまっぷでは、地図上に自由にお絵描きを行うことができます。
     あらかじめ、避難や災害に関するアイコンが登録されていますので、簡単にハザードマップを作ることができます。
     自宅、会社、学校、また地域のハザードマップを作りましょう。

  • さらに情報を重ね合わせ

     福岡市Webまっぷでは、他のマップを自由に重ね合わせることができます。
      いざという時に必要な情報を組み合わせて、ハザードマップを作成してみましょう。


     (福岡市Webまっぷで提供中の情報の例)
    施設: 官公庁、子育て、教育、障がい者、文化、スポーツ・公園・レジャー、交通の施設など
    医療・福祉:  病院、AED、高齢者施設など
    バリアフリー: バリアフリーに配慮した施設など

作成したハザードマップの活用方法と背景地図の著作権について

 作成したハザードマップは、画像として保存することができます。各種オフィスソフト等を使用して、さらに活用しましょう。

  •  福岡市Webまっぷでは作成した地図は、画像としてダウンロードし、使用することができます。
      利用範囲は、背景地図により異なりますので、下記を確認の上でご利用ください。

     配布を行う際には、下記の背景地図毎の利用可能範囲を確認の上で、ご利用ください。
    また、画像左下の著作権表示は必ず表示した状態で利用いただくようお願いします。


地図名 著作権者 利用可能範囲
案内地図 インクリメントP株式会社

株式会社パスコ
 私的利用の範囲でご利用いただけます。 営利目的など特定の目的で利用することはできません。詳しくは利用規約をご確認下さい。
航空写真 NTT空間情報株式会社
地形図 福岡市  自由にご利用いただけます。
数値地図 国土地理院  自由にご利用いただけます。

※地図左下の著作権表示は消さずに使用してください。

総合ハザードマップを確認しましょう

 上記を踏まえ、総合ハザードマップで身の回りの情報を確認しましょう。

総合ハザードマップの見方